産毛の脱毛も可能な理由

産毛の脱毛が苦手なマシン

従来、医療機関でのレーザー脱毛にしても、脱毛サロンの光脱毛にしても、産毛の脱毛は苦手とされていました。

なぜなら、これらの一般的な脱毛法は、メラニン(黒い色)に反応する方式だからです。

産毛のような色の薄い毛に対してはあまり反応しません。

そのため、産毛を脱毛する際には、脱毛機のパワーを上げて対応することもありました。

また、通常の脱毛法で産毛を脱毛をしようとすると、どうしても硬毛化・多毛化のリスクがつきまといます。

新方式なら産毛の脱毛も可能

そのような課題に対処できるのが、SHR方式を採用している脱毛マシンです。

この方式では、毛根に作用するのではなく、毛が生えるもととなるバルジ領域(毛根よりも少し上にある)に働きかけて脱毛します。

毛根のメラニンに反応させるわけではないので、産毛のように薄い色の毛でも脱毛することができます。

しかも痛みが少なく、硬毛化や多毛化の可能性も低いのがSHR方式です。

背中や腰回りなどは、しっかりした黒い毛というより、薄い毛がびっしり生えている男性が多いです。

そのような、従来の脱毛機が苦手としていた部位でも、新しい方式の脱毛機なら施術可能なのです。

当店では、このSHR方式の脱毛機を採用しています。